ホームへ戻る
個人情報の取り扱いについて
中間市立病院とは 診療科案内 入院案内 サイトマップ
院長あいさつ
理 念
外来受診案内
診療科案内
入院案内
市立病院だより
アクセス
医療福祉相談室

中間市立病院とは

    中間市(なかまし)は、福岡県の北部に位置し、東と南は北九州市に、西は鞍手町、遠賀町、北は水巻町に囲まれた人口約47,000人の都市です。
   筑豊炭田の一角を担う町として日本の近代産業発展を支えておりました。その後、炭鉱の町から北九州都市圏の住宅都市として現在に至っています。
   その中で、中間市立病院は地域に密着した公立病院を目指し、地域住民の健康維持・増進に努めております。


名 称  中間市立病院 (なかましりつびょういん)
所在地 〒809-0014
福岡県中間市蓮花寺3丁目1-7
開設者 中間市
院 長 瓜生 康平
診療科目 内科 透析科 外科 消化器科 整形外科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 
リハビリテーション科
病床数 122床
     
 
年   表
     
                    概    要
明治42年   中鶴炭鉱創業開始
大正 8年   本坑診療所(中鶴本坑)設立
    附属病院  (中鶴一抗)設立
昭和25年   中鶴一抗閉鎖          炭鉱最盛期 約4,000名
昭和32年   炭鉱下火
昭和34年   本坑診療所改築案(厚生年金保険積立金還元融資4,300万円)
                         社長  伊藤  八郎
                         市長  添田  八尾亀
昭和35年   3月~12月   竣工
    大正鉱業中鶴病院となる                  社長  田中  直正
昭和36年   1月31日  新病院診療開始
                         坑内大スト
                         経営悪化
                         炭鉱の経営落ち込む
    3月    工事完成
    4月    北九州病院乗り込む         理事長   中里  寿
    医師・婦長・事務長を送り込むも医師会の反対で一ヶ月で撤退
    12月19日  大正鉱業付属病院と改名
昭和38年 10月1日  大正鉱業と病院を分離
    炭鉱の不況により閉山相次ぐ
昭和39年   大正鉱業閉山
                         清算業務始まる                      病院長    田縁  実
昭和40年   市立病院となる
                        当時        病床数   75床             敷地   16,218㎡
昭和45年   8月    病床数   110床に増床
    日炭高松閉山
昭和51年   昭和51年~52年  防衛庁補助金(騒音防止)671,120万円の補助金を受け入れ
昭和53年   鉄筋コンクリート3階建てにて改築
昭和61年   5月    病床数   122床に増床
昭和63年   昭和62年~63年  継続事業
      増改築工事
           検査施設および個室の増設(12床)     ナースステーションの拡充
平成 7年   平成7年~8年  継続事業
      増改築工事
           透析室および泌尿器科の新設
           個室の増床(12床)
           空調設備および病棟の改修(平成8年12月完成)

コスモス中間市立病院コスモス